HOME>注目記事>印刷会社に依頼すれば自分だけのdecalを作ってもらえる!

decalとは?

decalとは、ベースがなく、作ったデザインをそのまま転写して貼り付けるという形態のことを指します。絵柄がバラバラであってもそれぞれ転写することが出来るので、一体感が生まれると共に、様々なデザインが楽しめるなどのメリットがあります。

デカールとステッカーの違いとそれぞれの特徴

デカールの特徴

デカールは、通常のシールタイプに比べて厚さが非常に薄く、周囲との段差が出来にくいなどのメリットがあります。そのため曲面などにも貼りやすく、デザイン性に富んでいます。

ステッカーの特徴

ステッカーは、裏に糊状の接着剤が塗布されている状態のものを指します。俗にいう、シールになっているものがステッカーです。デザインを選び、裏面のシールをはがしてただ貼るだけなので、とても簡単です。

印刷会社に依頼すれば自分だけのdecalを作ってもらえる!

シール

decalの活用方法

decalは、多彩な色であっても、ズレることなく細かく表現出来るため、車の車体などに活用されることが多いです。また、あとは転写するだけ、という状態ですので、細かなプラモデルを作成するときなどにも重宝されます。

decal制作を印刷会社に依頼する流れ

シール

デザインの依頼

まずは、decalにしてほしいデザインを決め、インターネットでデザインデータを送るか、直接渡すかなどして、会社へデザインを渡します。

校正の確認

制作会社より、decalへ校正したデザインが届きますので、チェックします。何回かやりとりして納得が行ったら、正式に依頼を行います。

正式に依頼

契約書を結び、正式にdecal制作を依頼します。納品時期は、デザインや枚数によって異なりますので必ず確認しておきましょう。

商品の納品

商品が完成したら、納品し、お金を払い完了となります。場合によっては、試作品を1枚納品し、OKが出たら大量生産する、というような場合もあります。